JAY CHOU
比類なき才能、最上級の音楽。
千の言葉を並べるよりも、このメロディを。
最長的電影 The Longest Movie
http://jp.youtube.com/watch?v=nHkE2xlQV8s

*--J 的地盤--*

只有周杰倫才能超越周杰倫! Devoted to Jay Chou and all the Jay-addict!

時に、空気さえも浄化する音楽...ジェイ・チョウ。

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に響くは君の歌声

qianshan

もうすぐですね、加油!オリンピック!!

Olympic Song 『千山万水』 
http://jp.youtube.com/watch?v=TBXm2PJyauU&feature=related

すいません、あんまり一生懸命歌っているので笑ってしまいました
こういう歌い方してるのって、今まで見たことなかったから。

最近の一番のお気に入りは、LIVE版 『最長的電影』 (The Longest Movie)

http://jp.youtube.com/watch?v=nHkE2xlQV8s

初めて聴いたときは、ただ落ち着いたいい曲って思っただけだったけど、
これはいい...。心に響く、届く歌声。
スポンサーサイト

ジェイ・チョウ来日@関空

ええと、私はお留守番組だったので実際には目にできなかったのですが...
JAY Walk さま で早速お写真をアップして下さってあって(非常感謝!)
それ見てぶっ飛びました...。

難波のジェイ・チョウ。すっごいやる気です。
黒地に白い鯉...(ほとんど鯉のぼり?)どこで見つけてくるんだ、こういう衣装を..。
何よりも驚いたこと。帽子をかぶっていません。台北で、そして飛行機の中で、入念に髪型設計師さんが手入れをしたことでありましょう。
正に、やる気。日本!関西!大阪!!をこれほどまでに意識してくるとは。

明日のPOP JAM、一体何歌うんだろー、たった一曲で何が伝わるんだろー、
依然..からの一曲でだいじょうぶか!?? 等々、ヤキモキしていましたが、どうやら余計な心配だったよう。

明日もきっと驚かせてくれること間違いなし!
最高のパフォーマンスになりますように!!


ニセモノ出回る。

昨日ダーリンのビザが下りて来日したのですが、
なんと、お土産に、周杰倫新曲! 黄金甲のCDがっ!
喜びいさんで早速聴いたみたのですが...

タイトルはそのままズバリ、『黄金甲』
怪しげなジャケットには『満城尽帯黄金甲』挿入歌!の文字。

うーん..イントロとかメロディもせつなげで
良いといえばいいのですが、何かが違う。
何よりも、ボーカルが微妙...。
私の耳が正しければ、真っ赤な偽物の可能性95%。

歌い方も声も巧みににせているけど、心がない。
天才の作ではない。心の琴線に響く歌声ではない。
(ってここまで言ってホンモノだったらどうしよ~)

そして、2曲目、タイトルは『藍色情緒ナントカ(既に記憶なし。。)』
こちらは一聴瞭然のニセモノでした。誰かの他の歌手の作品ぽい
感じもしますが。

それにしても、大陸、おそるべし!
ジェイの新曲!ってタイトルにつければ、
「もしかして。。!」と思って買っちゃう人、いるもんなー。

私の聴いた『黄金甲』がニセモノだったのかどうか、
新譜の発売が楽しみです。

☆コメ、後回しでゴメンナサイ!!
新居にPCがまだないので、レスも更新もしばらく遅くなってしまいそう。



ジェイ・チョウの、どこがいいのか

ジェイに堕ちて、早、幾年月...
今までに、ひとつひとつのアルバムやDVDを、果たして何回鑑賞してきたことか。
むかーしミスチルにちょっとハマったくらいで、以来、特にお気に入りのアーティストもいなかった私が 『 趣味は 周 杰倫 』 と、公言するほど、ここまでハマるなんて..。
ジェイ・チョウとは一体なにものか。
ジェイ・チョウの、どこがいいのか?

今日は初心に帰って自分に問いてみたいと思います...

ジェイ・チョウの、何にそんなに惹かれるのか? と、言われれば、
1 に才能、2 に才能。 まずは、その才能と作品の素晴らしさ、ですね。
イケメンでパフォーマンスの上手い人、歌の上手い人、才能あるアーティストは他にもたくさんいるけれども、ジェイはそれとは一線を画す、ように思う。
なんていうんでしょう、頭の中には音符がつまっていて、それを繋ぎ合わせていくらでも音楽が創り出せる人。 天才以外の何者でもなく、ほとんど人間と神様が半分ずつ、半神人、みたいな。
(言い過ぎ? えぃ、、今日は気が済むまでとことん言いたい気分なのよ)

そして、その半神人な才能と人間性とのギャップ。
とにかく可愛い。 表情、しぐさ、しゃべり方。 時に、気が遠くなるほど神々しくかっこいい顔を見せたかと思えば、次の瞬間には、ステージをスキップして歩くかわいらしさ。

意外性。可愛く魅力的で、忘れ難いメロディのラブ・ソングを歌う人なのかしら?と思ったら、
Cool な Hip Hop やロック・サウンドでキメる。 ヌンチャク振り回して暴れてたかと思ったら、次は
手に包帯でピアノ・バラード。  ピアノ素的ィ~、指キレイ~、と感動させたかと思えばバスケット。 本格的にピアノやりながら本気でバスケする人なんて見たことない、っていうかあり得ない組み合わせ。 
軟弱?と思わせておきながら(勝手に思ってただけか) いきなり上着を脱いで、裸でピアノ、とか。(裸でピアノ弾く人物なんて、それまではYOSHIKI しか知らなかったぞ。)
次から次へと繰り出される意外な一面に魅せられ、知るほどにハマっていかれた迷の方々が、きっとたくさんいらっしゃるのではと思われます。

私は直接ジェイ・チョウさんを存知あげませんが、ライブやTVで垣間見える人間性、また、ファンへの姿勢や漏れ聞く噂等々から、そのお人柄の良さも、感じ取ることができます。

そして、抜き所もしっかり押さえている..ジェイ自身は恐らく完美主義、なんだろうけれども、どこか抜けてる、と言いますか、??? と思ってしまうようなことも時々あり、 仕事選べよ と、思うことも多々ある。けど、そんなジェイさんが、また、大いに楽しめてしまうところでもあるわけです。

私の場合、ジェイにドン引きするってことはまずなくて、たとえ代官山ラブラブ写真見ても、中指立ててても、トンでもない衣装着ていても、大阪のオバチャンみたいな私服でも、アクセサリージャラジャラでも、髭面が汚くても、髪型が薄くなってもボウボウになっても、百年の恋は醒めません。 なんだよ、ベタ褒めかよ、と思われるかもしれませんが、はい、その通り、嫌いなところはございません。

そんな私が、最近発見した、イチ押しのサイト。
Jay Walk

こちらの Jay Walk さんでは、
ジェイのファンになると、こんなに面白いんだ!
ジェイでこんなに遊べるんだ!!


と、いうことを、見事に体現されています。写真選び、写真に付けられたセリフやコメも最高
なのですが、秀逸なのは そらみみ コーナーの 『雙截棍(ヌンチャク)』。
私も、雙截棍の出だしは絶対に 『電車で..』 だと思っていた一人ですが、歌詞全部空耳であてるなんて、ホント、スゴイわ。
雙截棍 のMV と合わせてご覧になれば、爆笑すること請け合いです。

そうこうしながら、また You Tube でいろんなジェイを見ながら夜は更けてゆく...
こうして私の飽くことなき 『ジェイの愉しみ』 は続いていくのでした。

どうでもいい話

SME (ソニー・ミュージックエンタテイメント)と言えば、言わずと知れた 『Initial J』 と
『November's Chopin』 を発売した会社。
そして今回差替えられる曲もSME。全米デビューも控え、目下、大売込み中のグループ。
Sony Music online 新着ニュース でももちろん今回の * 差替え を早速宣伝しています。
( * ドラマチック・ストーリーを仕立てていますがあくまでも”差替え"と呼ばせて頂きます)

そして先ごろ発売されたジェイのデビューからの3作品の日本版は BMG に。
(BMGも株主はSMEだが形は別会社)

ナンデカナ!?

日本初コンサート&映画という、ものすごくいい機会に、たいした宣伝もしなかったこの2社。
過去アルバムの日本版・発売時期をちょっと早めて会場で売れば売れたものを..。
グッズも売らない、パンフレットさえつくらない、花のひとつも贈らない。

過去にこんなこともありました。(中華情報局News 12

なんだかスッキリしませんねー。

そして、今回の差し替えを仕掛けたのは、中村獅童を起用したプロデューサーの
ビル・コン氏 という話。
あくまで製作側から出た話で日本の配給・ワーナーさんには責任ありませ~ん、
と、いう話です。

これもなんだかなー。ビル・コン氏はジェット・リーの意向よりも自分のご意見 『ロック・スピリット』
とやらを通した?ええええ?
ワーナー・ブラザーズの製作スタッフが 『たまたま』 PVを見てこれだ!と思い、
打診してみたところ即・決定!って!?? おいおい。

この差替え曲入りのアルバムが発売される時期に
ピッタリ♪のタイミングで公開される映画、『スピリット』

あー、こうなると、もう

也没道理 (from 周杰倫『逆鱗』)   ですな。



私は 

電影誰的? な 『SPIRIT-スピリット』 ではなく、


天下誰的? の 『霍元甲』 を、

観てきたいと思ってます。

ええ、たとえエンディング・ロールが途中でぶっち切られようとも!!

テーマ:スピリット/霍元甲 - ジャンル:映画
プロフィール

ルル・モカ

Author:ルル・モカ
♪我愛不滅♪ 周 杰倫!

(写真はJWさんとこから頂きました♪)

周 杰倫
zhou1 jie2 lun2
ジェイ・チョウ (Jay Chou)
'79年台湾生まれ。2000年のデビュー以来、旋風を巻き起こす、比類なきスーパー・スター。
幼少からピアノを学び、クラシックを基礎とした確かな音楽性で、名曲バラードから斬新なHip Hopまで自在に操る。監督業も不錯。
掛け値なしに、天才。



★ 『王妃の紋章』主題歌





D調的華麗



半島鉄盒


★Amazon★
Jay Chou Store


↓イチオシ!


カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。