JAY CHOU
比類なき才能、最上級の音楽。
千の言葉を並べるよりも、このメロディを。
最長的電影 The Longest Movie
http://jp.youtube.com/watch?v=nHkE2xlQV8s

*--J 的地盤--*

只有周杰倫才能超越周杰倫! Devoted to Jay Chou and all the Jay-addict!

時に、空気さえも浄化する音楽...ジェイ・チョウ。

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J から始める中国語・その1-jie 杰

杰  ( jie2 )

繁体字(台湾表記)では 
( )内はピンイン、数字は声調を表す。

杰とは、「優れた人物」 とか、「ぬきんでた、秀でた」という意味である。
なんとピッタリな名前を付けたものだ、葉惠美ママ!
ちなみに 「杰作 ( jie2 zuo4 )」 といえば傑作のことである。
ちなみに、『 江 南 ( jiang1 nan2 )』 を大ヒットさせたのは 林 俊杰 ( lin2 jun4 jie2 ) だが、
「俊杰」とは 「英才」 を意味する。


ダーリンとは普段日本語でしか会話しないため、私の中国語はサッパリ上達しない。 たまに何か言ったとしても 「ティン ブードン (聞いてもわかんねー) 」  と、言われてしまうのがオチである。 授業で先生の言ってることは聞き取れても、中国朋友の輪の中に入ればまるっきりのお手上げで、 「ティン ブードン」 な数時間を、ただただ、お愛想振りまいて過ごすハメになる。

そんな私が、Jayの歌なら唄えるし、出てくる単語のほとんどを把握している 
(膨大な数!)のだから、愛の力とは偉大だ!! 中国人でさえ、歌詞カードをみなければティン ブードン な Jayの歌を、空で唄える私は、カラオケに行けば一躍注目の人となる。(そのくせ超基本的な単語がスッポ抜けてたりするので、呆れられることもしばしば)

Jayの音楽は、言葉の壁とか何とか、そんなコトは超越しているが、歌詞が分かったほうがより楽しめるのは言うまでもない。 ビンセントの詞 (モチロンJayのも) は、内容も濃く、韻を踏んでいたり、凝っていてスバラシイ。

Jayを通して中国語に興味を持つ人が増えたら、とてもステキなコトと思う。

-基本事項として-
★ 中国語の表示や入力方法などは  こちら!

★ 発音やピンインなど、ちゃんと学んでみよう!という方は  中国語マラソン  で走って頂くとか、NHKのラジオ講座を聞き倒すのが王道かと。

★ 相原茂先生 (中国語学習指南のパイオニア・ 名著多数) 
の書籍もオススメ!

Initial J ~Jay Chou Greatest Hits


(MV7曲+映画予告編入りDVD付は初回限定版のみ)

1枚1枚がベスト版の様なジェイのアルバムの中から、たった10曲を選ぶ、というのがそもそも無理難題なわけで、あれも入れて欲しかった、いやこれも、といい始めたらキリがありません。ですが、あえて言わせて頂きます。
『我的地盤』『晴天』『開不了口』がなぜ入ってないのぉぉ~!

大方の予想を裏切らず、やはり「忍者」がセレクトです。「ヌンチャク」「二刀流」もイン。これに、もし「富士山」「芸者」「ハラキリ」なんてのがあったとしたら、「外国人が勘違いしてイメージしてる日本」の様です。

01. 可愛女人(可愛い女) は、デビューアルバム「JAY」の1曲目なので、オープニングに相応しいといえばそうなのですが、もうちょっとガツンと来る曲で始めてから(『我的地盤』とか)、2曲目に持ってくるとかしても良かったも。

MVは、まだスターになる前のJayの映像がとにかくイイ。少年から大人になって間もない頃の、青さと無骨さを感じさせ、ちょっとせつなくなる。共演のビビアン・スーが可愛くてステキ。日本で演じていた「ちょっとおバカなキャラ」とは違い、ホント魅力的な可愛女人。

02. 黒色幽黙(ブラックユーモア) これは、デビューアルバムに入っていたんですよね~。完成度の高さとヴォーカルの良さに改めて感動。DVDはガタイ良すぎなじえるんが何故かガニ足で寝そべる。今とはあきらかに路線が違いますね..

そして03. 忍者04. 雙截棍(ヌンチャク) と続くわけですが。第一印象は『は??』な曲だったにもかかわらず、今聴くと「良く出来てるな~」と思います。Jay にしか作れない世界、とでも言いますか...。『はいはいはい、わかりました』って中国語圏行っても、けっこう通じちゃう。MV、日光江戸村・忍者編。コスプレ伝説始まる!

雙截棍はハード系の超クールなHip Hop。
こないだの会見で「一番自分らしい曲は?」と聞かれ、この曲と答えたのはちょっと意外でした。 素朴な疑問。なぜにMVからこれが抜けているか!? ヌンチャク振り回して暴れてるJayは必見だというに。この頃のジェイはあきらかに鍛えていて、カンフー映画の主役も張れそうなキレのある動き。 ジェイ=あんまり動かなそう、と思ってたんでビックリ仰天!しました。
「Hip Hopやってピアノ弾いてチェロ弾いてバラード唄うってだけでも凄いのに、この人は一体何なんだ!?」と、更に疑念を深めた作品でもあります。

05.最後的戦役(最後の戦い) 名曲。お金のかかってるMVは映画並の仕上がり。兵士なじえるんもステキです。

06.以父之名(父の名で)←なぜ「父の名において」にしなかったのか??
Jayの専売特許とも言える、美しい旋律に重ねられる囁くようなヴォーカルとHip Hop、さらにそれらが幾重にも重なり深みを増していきます。1度聴いたら絶対忘れられないメロディ。
MVはイタリアン・マフィア映画さながらのハード・ボイルドなじえるんが超クール。これを見て完全に堕ちた私...。
普段もこの髪型(おでこ見せ)にしてほしい!と思ってる人は少なくないハズ。

07.東風破(東風吹かば) 名作。叙情的な雰囲気が大好き。間奏の二胡の音を聴く度に、中国のバスの中から見た乾いた大地や、路上で談笑するおじさん達や、色んな風景が目に浮かんできます。

08.雙刀(二刀流) ハード系+民族音楽。こういう曲も作ってしまうところがジェイの凄いところ。MVは映画仕立て。ここでも大暴れ。

09.七里香 邦題「シルクジャスミン」って?なに?なんなの?何故あえてカタカナ名をつけるか?そもそも七里香は沈丁花だべ?とツッコまずにはいられません。「チーリーシャン」でも良かったのではー。(いっそ。「しちりこう」とか「ななさとかおる」とか)

さておき、これは言わずと知れた名曲。昨年、西安にいた時は、それこそ街中、どこへ行ってもかかってましたね~。アジアンなイントロが印象的。日本で撮影されたMVは、稲穂の中、ノスタルジックなじえるんが可愛いらしい。

10.外婆(おばあちゃん) アルバム「七里香」のレビューでも触れましたが、けっこう個人的な内容の歌詞になっています。このメロディアスなHip Hopもジェイらしくて大好き。

11.飄移(Drifting) 映画にピッタリなHip Hop。これを聴きながら運転してると、ついついスピード・オーバー気味。要小心!

12.一路向北(All THE WAY NORTH) このサビのメロディもいいですね。Jayの作る旋律は、ホント心の琴線に触れます。ヴォーカルも良くて、他の人が歌っても、こういうせつなさは出せないと思う。

以上、駆け足レビューでした。

Dな面々勢ぞろい~『頭文字D』記者会見とミニ・ライブ

premia.jpg

2005年8月28日~9月1日にかけて、じえるんさんが公式に来日しました。
その時の模様は 色んなサイト にアップされているのですが、
なんと、華韓com のサイトでは、ミニライブが1曲まるごと動画で見られるではありませんか!!ありがたや~。

「こんにちわぁ、わたしはー、ジェイ・チョウですー」と、今回の来日で何べんも繰り返したであろう日本語で、照れ気味に挨拶するジェイ・チョウさん。この、一見、そこらへんにいそうな兄ちゃん的風貌(失礼!)の彼が、ひと度ピアノに向かえばあらビックリ!!何て素敵な歌声なんでしょ~~。声の調子もすこぶる快調!なご様子。ワンコーラスだけでしたが、言語の壁なんて関係なく、心打つ美しいメロディ&歌声は、きっと多くの人の心を捉えたでありましょう。



テーマ:映画ネタ - ジャンル:映画

Jay的音楽世界


Jay以前とJay以後とでは、中華POPS、いや、アジア・ミュージックの歴史が変わったといっても過言ではない(はず)!
美しい旋律の上に重ねられる斬新なHip Hop、はたまた心に響く名曲バラードの数々、かと思えばブリティッシュ・ロック調のクールな曲やハードRoc調あり、民族的要素がちりばめられた遊び心いっぱいの曲あり、と、もう、これでもか!状態。
普通、そんなバランバランなジャンルを1人でやったらイマイチな分野も出てきそうなモノですが、そのどれをとっても超ハイ・クオリティーなのがすばらしー。アレンジもすばらしー。「映像を思い起こさせるサウンドは、ひとつひとつがまるで映画のサウンドトラックを聴くようだ」と評されたりもします。

彼の音楽の特徴は、音が幾層にも重なり合っていること。1曲の中に、耳について離れないようなメロディーが何種類か出てきて、Hip Hopにしても、ただベタにアレンジの上に乗っかっているのではなくて、美しい旋律があって、さらに歌が何層かに積み重ねられる...。

幼い頃からピアノを習い、素地にクラシックがあるあらこそ、なのでしょうか。ちなみにチェロと横笛もなさるのですが、こちらも鳥肌!!

そんな才能溢れるじえるんさん、もはや国や言葉の壁を超え、アジアを圧巻しております。 『台湾?えー?』と、『壁』をつくってしまって手をつけないのはもったいない!!常套文句ですが、とにかく『騙されたと思って聴いてみて!!』

フォト・エッセイ集 『D調的華麗』 発売

昨年11月に出版されたフォト・エッセイ集の日本版が発売されます。

普段は寡黙なじえるんが、かなり赤裸々に!? プライベートなことも語り、また、素の部分が垣間見える写真も満載という噂の、このエッセイ集。早々に予約しましたが、Amazon さんからはまだ届きません。待ち遠しい~!!

追記:やっと来ました!日本版高いしなー、と迷ったものの、買って正解!
Jayの音楽に対するプライドがよーく理解できます。歌詞も日本語訳付きで載ってるし、限定収録のインタビューは日中対訳で読めるし。
私の大大好きな 『晴天』 が、下北沢でインスピレーションを受けて製作されたもの、と知って驚いたり。 提供した曲も含めた全楽曲リストや、これまでの活動履歴も見やすくて良かった。

さて、この提供楽曲、「どんな曲か聴いてみたい~、でも、わざわざCD買うのもな~」と思っている方、『一捜』 というMP3配信サイトで、気軽に視聴することができます。
ジェイの曲を他の人が歌うとこうなるかー、と、とっても興味深いですよ~。


プロフィール

ルル・モカ

Author:ルル・モカ
♪我愛不滅♪ 周 杰倫!

(写真はJWさんとこから頂きました♪)

周 杰倫
zhou1 jie2 lun2
ジェイ・チョウ (Jay Chou)
'79年台湾生まれ。2000年のデビュー以来、旋風を巻き起こす、比類なきスーパー・スター。
幼少からピアノを学び、クラシックを基礎とした確かな音楽性で、名曲バラードから斬新なHip Hopまで自在に操る。監督業も不錯。
掛け値なしに、天才。



★ 『王妃の紋章』主題歌





D調的華麗



半島鉄盒


★Amazon★
Jay Chou Store


↓イチオシ!


カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。