JAY CHOU
比類なき才能、最上級の音楽。
千の言葉を並べるよりも、このメロディを。
最長的電影 The Longest Movie
http://jp.youtube.com/watch?v=nHkE2xlQV8s

*--J 的地盤--*

只有周杰倫才能超越周杰倫! Devoted to Jay Chou and all the Jay-addict!

時に、空気さえも浄化する音楽...ジェイ・チョウ。

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曲賞にギモンの声

第17期台湾金曲賞にジェイはノミネートもされませんでした。
ただ、最優秀年度歌曲賞にジェイ作曲の愛作夢的魚(歌・江)が入っていますけど。
これだけのために出演するとも思えないしなー。一気に関心がなくなりました。

昨年度最も売れたCDは言うまでもなくジェイの11月的蕭邦。
CDセールスで決める賞ではないとしても、トップ・セールスのアーティストをはじいてしまうというのはどうなんでしょうか。
審査員の耳にどう響くかで、音楽の価値が決められてしまうのならば、世の中の支持とは無縁の世界の出来事。賞と世間の関心の間に差があり過ぎると、そのうち賞そのものの話題性や価値が下がったり、マニアック化していってしまうんではないでしょうか。

ちなみに、2006年3月の「香港唱片銷量大賞」では『11月的蕭邦』 と 『無以倫比演唱會LIVE』 の両方で十大銷量國語唱片を受賞、2月の 2006TVBS華語金曲榜 では大賞を始め6部門で受賞。
「2006HITO流行音樂獎頒奬典禮」では最受歡迎男歌手と製作人獎を受賞、
2006年1月の 第十二届全球華語音楽榜中榜(香港で開催) でも5部門で受賞しています。
こういった流れを全く無視していることもあり、ネット上では、
『金曲賞の審査員の趣味じゃないからといって周董を外すなんてありえない』
『こんなノミネートでいいのか』 『視聴率はガタ落ちだろう』
等々、批判記事であふれかえっています..
そんな賞にどんな価値があるんだろ。

★関連記事★
* 金曲賞は天王に面子を与えなかった(tom.com)

* 周董冷静に語る「南拳mama のノミネートが実現してとても嬉しい」(大紀元)

★koichiさんのブログ 流浪者之歌 に、第17期金曲賞ノミネートリストやニュース記事の
翻訳等が載っています。

コマーシャル

ジェイが代言人を務めている 尓惠-DEERHUI
CM監督にも挑戦した新CMのオンエアが、中国大陸では始まった模様。
8月に発売予定のアルバムの中の新曲がCMソングになっています。
残念ながら私はこれを見ずに帰国してしまいました
過去の尓惠CMではバスケットの技を見せつけたり → DEERHUI 1
ボクシングを披露したり → DEERHUI 2 と、(統一とは違って) カッコいいジェイを見せてくれましたが、今回は自らが監督となり、かなりお金もかけ、凝った仕上がりになってるらしいですね。
新曲も合わせ、とっても楽しみなところです。

↑言ってるそばから、何度かトライして、jaycn.com さんでようやく見れました。
中華風+武道系&HipHopな曲。確かにお金がかかっている。MV並の仕上がり。
もっとロング・バージョンはないのかな?大きな画面でじっくり見たいわー。


ジェイは数々の有名メーカーの代言人を努め、これまでたくさんのCMに出演してきましたが、
そんな中から、私のお気に入りをいくつかあげてみます。

まずは、いたずらっぽい目つきとくまちゃん顔がかわいい panasonic 700
キーボードを弾いてるとこも(一瞬ですが)可愛いカッコ良くて
やっぱ panasonic ともなると撮り方も上手で、いい表情を捉えてます。
これなんかも、けっこう好きな顔 → panasonic x77

動感地帯はイマイチなCMが多いんですが、これはアイディアが
ちょっと面白い。 → 動感地帯-mzone

エヂ、ジョリンと一緒のペプシ pepsi

Yao Ming と一緒のペプシ pepsi 2 懐かしい...

つい最近の、掃除のオバチャンに 「誰やん? 周杰倫かい!(驚かせんといてー)」みたいに言われてる 青少年發聲

前にも紹介しましたが、「息さわやか~!」な コルゲート

そして、イケてないジェイを撮らせたら天下一品!の 統一100 その1 ・ その2

などなど。大陸滞在中は、テレビにジェイが現れると、手も口もパタッと止まり、見入って
しまう私です。
あぁ、日本のCMに登場する日は来るのだろうか...
CMソングとしてインパクト有り&好聴な曲の宝庫なのだから、
どこかのCMプロデューサーのお耳に止まらぬものかしら

藍色風景

街を歩けばジェイにあたる。
これ、中華圏ではあたりまえの情景。
けれども、日本から来たジェイ迷の私にとっては、とってもスペシャルな、夢のような光景。




百事可楽(ペプシ)の代言人になってから久しいジェイ。(右はエヂ)
髪は青くても、この顔つきはイケてるのだ!
街の中心を東へと伸びる大通りに、1ブロックに2~3つ、この看板アリ。
とかく歩くことの多い中国生活。日本ではほとんど車でしか動かない私にはツライ..でも、
「もうちょっと歩けば、またジェイがいる」 と思えば辛くナーイ!!

そして、オール・スター勢ぞろいの超特大版にも、
いきなりどどーんと出くわしたりするわけです。楽しい..。



大通りのハズレ、アパートの近所の横道は、細々とした飲食店、
それもかなりキョーレツなビジュアル(古い・汚い)なのが立ち並んで
いるのですが、そんなところでさえ、この藍色看板が溢れていました。
しかも、ジェイだけ、ピンの看板で5連発、10歩あるく毎にジェイにあたる、という設置。嬉しすぎ。

肝心の証拠写真を誤って消してしまいましたが..;
←こんなのが、横並びじゃなくて、縦に、1~2メートル間隔で5連発、あるわけです。そりゃ興奮しますわ。

こんなの見つける度に、林屋パー子と化している私に、あきれ気味のダーリン&友人たち。
でもそんなことは気にしちゃぁいられません。
だって、日本に帰れば、あり得ないこんな光景..
今楽しまずに、いつ楽しむ!?

で。
夢のような楽しい日々を過ごし、帰国して早、数週間が
経ってしまいました。

帰って来てつくづく思うことは、日本って、なんて便利で清潔な国。空は青く、空気は澄んでいて、空港からは緑が見える。成田空港の床はフカフカで、係員は恐くないし、お店の人は笑顔で丁寧に応対してくれるし、客引きが寄って来ることもない。車は秩序よく走っていて、みんなお行儀が良くて、でもなんとなく無機質で、どこへ行っても清潔で、砂埃が積もっていることもない。コンビニではあらゆる物を売っているし、あらゆるサービスがあるし、スーパーに入るのにいちいち荷物を預けたりしなくてもいいし、新鮮なお寿司に和食にイタリアンにスイーツまで、美味しいものが簡単に手に入る。本当に楽で便利でこの上ない生活。

でも、ジェイがいない。
きっと私は、また1月と経たぬうちに、不便だけど毎日が刺激に満ちた、あの喧騒とエネルギー溢れる街へと帰って行きたくなってしまうのだろう。
プロフィール

ルル・モカ

Author:ルル・モカ
♪我愛不滅♪ 周 杰倫!

(写真はJWさんとこから頂きました♪)

周 杰倫
zhou1 jie2 lun2
ジェイ・チョウ (Jay Chou)
'79年台湾生まれ。2000年のデビュー以来、旋風を巻き起こす、比類なきスーパー・スター。
幼少からピアノを学び、クラシックを基礎とした確かな音楽性で、名曲バラードから斬新なHip Hopまで自在に操る。監督業も不錯。
掛け値なしに、天才。



★ 『王妃の紋章』主題歌





D調的華麗



半島鉄盒


★Amazon★
Jay Chou Store


↓イチオシ!


カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。