JAY CHOU
比類なき才能、最上級の音楽。
千の言葉を並べるよりも、このメロディを。
最長的電影 The Longest Movie
http://jp.youtube.com/watch?v=nHkE2xlQV8s

*--J 的地盤--*

只有周杰倫才能超越周杰倫! Devoted to Jay Chou and all the Jay-addict!

時に、空気さえも浄化する音楽...ジェイ・チョウ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢三たび。

dunk3

このブログ、映画絡みでは何度も吠えてきたわけですが...

またですか?

あっちこっちの試写会で、吹き替え版上映。

映画館まで行って、なぜに俳優の声も聴かせてもらえん。。。

顔と動きだけあれば演技ですか?

お子様向け?漫画チックなら吹き替えで十分とな?

ご本人様ご登場の試写会ではどうするおつもりでしょう。
失礼ではないですか?

日本の映画ビジネスのやり方ってどうも...
吹き替えに限ったことではなく、ちょっとでも話題になりそうな
ところを無理やりひっぱってくやり方が、えげつなさすぎると
いうか、作品の内容さえ二の次、ってところがね。
『ダヴィンチ・コード』でも、”モナリザの微笑みの秘密が!!”
みたいな、ズレズレのところとか。嫌ですね。

吹き替えや日本版主題歌!とかの流れには本当にウンザリで、
その時期の旬のタレントさんなんかを使ったりするのは特に論外。
一時的にファンを集客できればそれでよいのか?
後に作品として残ったとき、そのタレントさんの旬が終わっていたり
するわけで。下手な吹き替えだけが残る。

さてこの、『カンフー・ダンク』。
内容はおふざけですが、かっこいい場面も満載。
舞台に、背景にあった言語というものがある。俳優の演技はセリフにありき。

お金を払って大きな画面で、本来の映画が見たい人のために、
字幕版、という選択肢を、せめて与えてほしいもの。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://jielun.blog23.fc2.com/tb.php/133-93cdd23a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
プロフィール

ルル・モカ

Author:ルル・モカ
♪我愛不滅♪ 周 杰倫!

(写真はJWさんとこから頂きました♪)

周 杰倫
zhou1 jie2 lun2
ジェイ・チョウ (Jay Chou)
'79年台湾生まれ。2000年のデビュー以来、旋風を巻き起こす、比類なきスーパー・スター。
幼少からピアノを学び、クラシックを基礎とした確かな音楽性で、名曲バラードから斬新なHip Hopまで自在に操る。監督業も不錯。
掛け値なしに、天才。



★ 『王妃の紋章』主題歌





D調的華麗



半島鉄盒


★Amazon★
Jay Chou Store


↓イチオシ!


カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。